野球観戦するときに皆さんは、どの視点で席を選んでいますか?
私は、できるだけベースに近く、そして前方を選んでいたんですが、今回比較してみて新たな発見がありましたので、お知らせしたいと思います。

比較対象席は1塁内野A

⑬の位置が1塁A席、かなり広範囲になります。

画像: 公式より www.rakuteneagles.jp

公式より

www.rakuteneagles.jp

ベースに近いエリアと、外野寄りのエリアでは全く見え方が違います。
比較的、ベースに近い席から売り切れになっていく傾向にあります。
やはりベースに近い方が人気なんですね。

球場によりホーム側のチームのベンチが1塁側だったり3塁だったり、全て統一されているわけではありませんが、Koboパーク宮城では1塁側がビジター(対戦相手チーム)のベンチになっています。楽天イーグルスファンの方が多く座っていますのでご安心下さい。

写真で比較

同じ内野席の最前席と一番後方席をくらべてみました!

画像: 写真で比較

なんとなく、前方の席の方が良く見えるからいいよね??なんて思うかもしれませんが、実は前方だと「ネットが嫌!」って人が結構いるんです。
内野席はファウルボールがもの凄いスピードで飛んできますので、安全面を配慮してネットが張られています。
後方だと席が高い位置にありますので、ネットは気になりません。ただ、前に座られる方が大きいと少し頭が気になるかもしれません。

最前列席のまとめ

画像: A席前方

A席前方

メリット
●防護ネットに守られている(フライは気を付けて)
●足元が広いので荷物が置ける
●選手との距離が近い

デメリット
●ネットやポールが少し気になる
●トイレや売店まで階段がある

後方席のまとめ

画像: A席後方

A席後方

メリット
●全体が見下ろせる
●後ろが気にならない
●トイレや売店まですぐに行ける

デメリット
●選手までの距離が少し遠く感じる

いかがでしたか、同じ種類の席でも写真で見ると、違いがありますよね。
どちらがよいかは、やはり好みになってしまいますね。
たくさん観戦して自分のベスポジを見つけましょう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.